嵐の活動休止に韓国も反応。「ジャニーズの危機」「日本らしいと思った」

Pocket
LINEで送る

「2年も前に発表するなんてすごい。真面目で日本らしいと思った」

確かに韓国では今回のようなケースは非常に珍しい。そもそも“7年目の呪い”が存在するK-POP界では、存続の可否をはっきりさせないまま“事実上の解散”状態で終わってしまうグループがほとんどなのだ。ボーイズグループの場合、メンバーの兵役入隊が続いて自然消滅してしまうケースも多々ある。

また、解散を発表するとしても唐突すぎることが多く、90年代に一世を風靡した男性グループH.O.T.やSechs Kiesなどが突然解散を発表した時は、ファンはもちろんメディアも騒然となり、大混乱したほどだった。

そういう意味では今回の嵐の発表は、ファンたちに心の準備の時間を与えるひとつの方法としてK-POP界で参考になりそうだ。