紀平梨花をライバル視する韓国メディア。四大陸フィギュアに挑む“キム・ヨナの後継者”とは

Pocket
LINEで送る

ジュニアで活躍するユ・ヨンとともに、“ヨナ・キッズ三銃士”と呼ばれ早くから注目を集めてきた逸材だ。

キム・イェリムは昨年、ジュニアGPで2大会連続銀メダルを獲得。キム・ヨナ以来13年ぶりにジュニアGPファイナルの舞台に立った。

(写真提供=SPORTS KOREA)キム・イェリム

シニアデビュー戦となった昨年9月の「USインターナショナルクラシック」では銅メダルを獲得している。

ただ、今季の実績で上回るイム・ウンスの方が期待は大きいかもしれない。

キム・イェリムと同じく今季シニアデビューしたイム・ウンスは、「アジアンオープントロフィー」で金メダル、「USインターナショナルクラッシック」で宮原知子に次いで銀メダルを獲得。GPシリーズのロシア大会では銅メダルを獲得した。

(写真提供=SPORTS KOREA)イム・ウンス
かつて浅田真央を指導し、男子世界王者のネイサン・チェンや女子の本田真凜を教えるラファエル・アルトゥニアン氏に師事していることも期待感を高めている。

手足の長いスタイルがキム・ヨナと似ていると言われており、本人も『スポーツソウル』とのインタビューでキム・ヨナと同じ言葉を口にするなど意識している様子だ。

韓国メディアは日本選手をライバル視

男子・女子ともに若手選手が台頭している韓国フィギュア。