パワハラ・セクハラに開催地の対立も…平昌五輪から1年、進んだのは南北融和ムードだけ?

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTS KOREA)平昌五輪開会式で聖火の最終点火を行ったキム・ヨナ

平昌五輪の開会式が行われて、2月9日で1年になった。

この日、開会式が行われた平昌郡のオリンピックスタジアムの場所では記念式典が、フィギュアスケートなどが行われた江陵(カンヌン)市のアイスアリーナでは、フィギュアスケートのキム・ヨナやスピードスケートの李相花(イ・サンファ)、それにK-POPスターなどが出演して、祝賀イベントが行われた。

この日の韓国のニュースは、2回目となる米朝会談の場所が、ベトナム・ハノイに決まったことを大々的に報じた。肝心の核放棄は容易でないだろうが、平昌五輪以前の状況を考えれば、対話が続いていること自体が、成果ともいえる。

15日には、スイスのローザンヌで、国際オリンピック委員会(IOC)と、南北のスポーツ担当大臣、オリンピック委員会の代表の協議が行われることになっており、スポーツの南北交流も平昌五輪を契機に活発になっている。

ソウルの中心部で、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長を「偉人」と称え、ソウル訪問を歓迎する集会が開かれたこともある。四半世紀前に韓国に留学した私には、近年の変わりようは、驚くばかりである。

保守勢力の反発は根強いものの、平昌五輪を契機に、韓国の中での南北の和解ムードが高まったのは確かだ。

「平昌五輪なのに」開催地の対立

その一方で韓国の内部、とりわけ開催地である江原道(カンウォンド)の中での葛藤は、激しくなった部分もある。