“美女MC”だけじゃない!! 人気アイドルも登場し「エンタメ化」する韓国TV通販事情

Pocket
LINEで送る

(写真=「ロッテ・ホームショッピング」キャプチャー)

韓国で今、テレビショッピングが盛り上がっている。

そもそも韓国でテレビショッピングが始まったのは1995年ぐらいからのこと。韓国では“ホームショッピング”と呼び、「ロッテ・ホームショッピング」や「ヒュンダイ・ホームショッピング」、「新世界TVショッピング」など、百貨店チェーンを展開する大手流通会社がケーブルテレビなどで専門番組を放送している。

ほかにも、「SKストア」、「KTH Kショッピング」などあり、韓国のテレビショッピング専門チャンネルの数は、17を超えるとされているほどだ。

それだけに一般家庭でもホームショッピングは広く知られており、商品を紹介する番組MCがちょっとした話題になることもある。最近では、“美ボディすぎるMC”と呼ばれるユン・ヘファなどが有名だ。

ただ、最近の盛り上がりは、そうしたMC個人にスポットライトが当たるようなものとは異なるらしい。ホームショッピングが“エンタメ化”しているというのだ。

人気K-POPアイドルも登場

例えば、人気アイドルがホームショッピングに登場することも珍しくない。