成人サイト遮断にアイドル外見規制?「検閲」とも批判される韓国政府の迷走ぶり

Pocket
LINEで送る

韓国政府の迷走ぶりを浮き彫りにした“茶番劇”だ。韓国の行政機関のひとつである女性家族部のガイドラインのことだ。

韓国の女性家族部は2月12日、「性平等放送プログラム制作案内書」と題した放送ガイドラインを発表したが、1週間もしないうちにそのガイドラインを修正。2月19日に「不必要な混乱を招いた」として大幅に修正することを表明したのだ。

セクハラ告発が相次ぐ中で発表

事の経緯を説明しよう。

そもそも女性家族部が示した「性平等放送プログラム制作案内書」は、韓国のテレビ番組で性の平等を実現するために、放送局と制作会社が守るべき指針を示したものだという。

韓国では昨年から「#Me Too」運動が盛り上がっており、芸能界でも告発が相次いでいる。最近は、WannaOneを輩出した『プロデュース101』にも出演していたとある男子アイドルグループ練習性が所属会社の女社長から受けたセクハラを告発したことも関心を集めていた。

そうしたなかで「性平等放送プログラム制作案内書」が発表され、それは各放送局と番組制作会社に配布され、女性家族部ホームページにも掲載されたのだが、ガイドラインはK-POPアイドルの「外見規制」なのではないかという議論が巻き起こったのだ。

「外見の画一性が深刻だ」

問題になったのは、附則の部分だった。