全国大会で信じがたい転倒も…危機意識が問われる韓国のショートトラック

Pocket
LINEで送る

韓国のショートトラックは世界トップクラスであり、冬季スポーツがそれほど盛んでない韓国にあっては、絶対的な存在である。その一方で、深刻な派閥争い、性的なものも含めた指導者の暴力などで、問題が多いのも事実だ。

2006年のトリノ五輪で3個の金メダルを獲得した韓国男子ショートトラックのエース・安賢洙(アン・ヒョンス)が、所属チームの解散などに加え、派閥争いにも巻き込まれて行き場を失い、ロシア国籍を取得。2014年のソチ五輪ではロシア人のビクトル・アンとして3個の金メダルを獲得したことで、韓国ショートトラックの派閥争いの弊害が、改めて浮き彫りになった。

そして最近では、女子ショートトラックのエースである沈錫希(シム・ソクヒ)が、コーチから高校生時代から性的な暴力を受けていたことを告白し、社会的な大問題になった。

(写真提供=SPORTS KOREA)右が沈錫希(シム・ソクヒ)

問題が多発し、世間の目が厳しくなっているだけに、韓国のショートトラック界もさすがに競技会などでは「李下に冠を正さず」で、緊張感を持っているはずだと思っていたが、そうでもなさそうだ。

信じがたい“転倒”映像

2月22日に放送された韓国のKBSのスポーツニュースで、信じがたい映像を見た。