日本の現役アイドルでは初? IZ*ONE宮脇咲良が韓国で初レギュラー番組を持つ意義

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTS KOREA)IZ*ONE

今年2月6日に日本デビューを果たした日韓合同ガールズグループIZ*ONE(アイズワン)。

昨年6月から放送された韓国の人気オーディション番組『PRODUCE48』(Mnet)から誕生し、宮脇咲良、矢吹奈子、本田仁美らAKB48メンバー3人も参加する12人組は、デビュー直後から人気を集めている。

2月6日に行われた日本デビューショーケースには約4000人のファンが集結。デビューシングル『好きと言わせたい』はオリコンデイリーランキングで1位に輝き、2月15日には『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)初出演も果たした。

韓国でもIZ*ONEは人気だ。

日本に先立って昨年10月にリリースされたデビューアルバム『COLOR*IZ』は、初週売上が8万822枚を記録。韓国国内で発売されたK-POPガールズグループのデビューアルバムの売上最高記録を更新した。

今年1月には、“韓国のグラミー賞”とされる音楽授賞式「ソウル・ミュージックアワード」で新人賞を受賞している。

そんな韓国で、日本人メンバーのひとりである宮脇咲良がレギュラーを務めるバラエティ番組の放送がスタートした。

日本芸能界の美女たちも出演

2月24日の午後7時40分からケーブルテレビ局Oliveで放送開始された『みんなのキッチン』がそれだ。