チャン・グンソク、少女時代ユナ…「毒にも薬にもなる」韓流スターたちの“税金事情”

Pocket
LINEで送る

日本で「ひな祭り」にあたる3月3日は、韓国では“納税者の日”だった。

国民の納税精神の啓蒙と税収増大を目的に制定された法定記念日で、韓国国税庁は毎年、模範納税者などを表彰している。

韓国芸能界からは今年、俳優イ・ジェフンと女優ソ・ヒョンジンが模範納税者に選ばれた。

過去にはソン・スンホンや少女時代ユナなど、日本でも知られる人気韓流スターが選ばれたこともある。

(写真提供=SPORTS KOREA)少女時代のユナ

今でも彼らが高い人気を誇る背景には、そういった良いイメージがあるからかもしれない。

チャン・グンソクを悩ませた“疑惑”

そもそも韓国において脱税は、“兵役の不当回避”、“麻薬常用”と並んで「国民が最も反感を抱く3大犯罪」のひとつとされている。