“爆買い”中国マネーに侵食される韓国サッカー。「Kリーグ・エクソダス(大脱出)」の前兆か!?

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTSKOREA)
(写真提供=SPORTSKOREA)

韓国サッカー界があっと驚く突然のニュースだった。6月21日、KリーグのFCソウルを率いるチェ・ヨンス監督が中国スーパーリーグの江蘇蘇寧の監督に就任することが発表されたのだ。

チェ・ヨンス監督と言えば、2011年からFCソウルを率いる今年42歳のカリスマ青年監督。監督2年目でソウルをACL準優勝に導き、今年4月にはKリーグ史上最年少・最速スピードで通算100勝も達成している。

以前インタビューした際、「イビツァ・オシム監督は最も影響を受けた監督のひとり」と語っていた元Jリーガーの青年監督は、“若き名将”とも言われていた。

今季もリーグ戦で首位争いを演じており、ACLでは浦和レッズを下してベスト8進出。準々決勝では中国の山東魯能との対決となり、悲願のACL制覇にも意欲を見せていた。それが一転してシーズン途中にもかかわらずソウルと惜別。中国の江蘇蘇寧の監督に就任することになったのだから、ファンもメディアも驚きを隠せなかった。

個人的にはその後任が、昨季まで浦項スティーラーズを率いていたファン・ソンホン監督ということも驚きだった。

毎年500万ドルという超高額な年俸!!

もっとも、チェ・ヨンス監督の中国進出説は昨季もあった。