「K-POP女性グループの新方向性を示した!!」GFRIEND独占インタビュー

Pocket
LINEで送る

2018年に日本デビューを果たしたK-POPガールズグループGFRIEND(ジーフレンド)。

“パワー清純”という独自のコンセプトが大ヒットし、最近はアメリカ・ビルボードから「K-POP女性グループの新しい方向性を提示した」と、そのパフォーマンスを絶賛されている6人組グループだ。

最近も3月13日にリリース予定の日本3rdシングル『FLOWER』のMV(ミュージックビデオ)が公開して24時間もたたずして100万回再生を突破してニュースにもなった。

振り返ればGFRIENDが初の日本オリジナルシングル『Memoria / 夜(Time for the moon night)』をリリースした昨年10月、都内のスタジオでインタビューを行ったことがある。

日本活動に対する意気込みや、今後の目標について目を輝かせながら率直に語るメンバーたちの姿はとても印象的だった。

そんな彼女たちが約4ヶ月ぶりに来日した先日、都内のスタジオで再び話を聞く機会に恵まれた。

――昨年10月以来の来日ですね。韓国メディアでも“5大ガールズグループ”に数えられるG-FRIENDの日本活動が大々的に紹介されていましたが、まずは日本で2ndシングル『SUNRISE』をリリースされたご感想をお願いします。