「軍隊は疑惑芸能人の避難所か」BIGBANGのV.I、電撃入隊でも非難殺到しているワケ

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTS KOREA)BIGBANGのV.I

日本でも人気を誇るK-POPグループBIGBANGのV.Iが突然の軍入隊を発表して物議を醸している。

3月11日には芸能界引退を示唆したことも関心を集めているが、韓国では18歳以上の男性に兵役が義務付けられているため、芸能人といえども入隊は当たり前のこと。

むしろ激励の言葉が寄せられても良いものだが、激励どころか非難が殺到している理由はV.Iが現在、さまざまな疑惑に包まれているからだ。

先日も紹介した通り、V.Iは自身が経営に参加していたナイトクラブを震源地とする暴行、大麻吸引および流通、投資家への性接待といったあらゆる疑惑をかけられている。2月27日には自ら警察に出頭し、8時間を超える取り調べを受け、すべての疑惑を強く否定した。

そんな彼が突然、3月25日付で入隊するというから世間が納得しないのも無理もない。

しかも、今年1月にソウル地方警察庁の義務警察選抜試験で“運転兵特技者”に応募していたが、「もし合格してもそれを放棄し、陸軍として現役兵入隊をする」というのが所属事務所の発表だった。