開幕した女子プロゴルフ。39試合・賞金総額39億4500万円は世界と比べるとどうなのか

Pocket
LINEで送る

女子プロゴルフの今季開幕戦『ダイキンオーキッドレディース』は比嘉真美子が優勝した。

日本人選手が開幕戦を制するのは6年ぶりで、比嘉にとっては故郷・沖縄で初めて味わう優勝。昨季は賞金ランク4位で終え、今季は賞金女王を目指す彼女にとってはまさに幸先の良いスタートとなった。

今季の日本女子プロゴルフツアーは全39試合となっている。

昨年よりも1試合増えており、賞金総額も39億4500万円と過去最大の規模となっているが、この39試合・39億4500万円は世界的に見てどうなのだろうか。