“こぼれ落ちそうなドレス姿”で話題をさらった美人女優、日常写真も美しいと注目

Pocket
LINEで送る

2011年の釜山国際映画祭で“こぼれ落ちそうなドレス姿”を披露し、世間の注目を集めた女優がいる。オ・インヘだ。

【画像】オ・インヘの“こぼれ落ちそうなドレス姿”写真を見る

限界ギリギリの衣装でレッドカーペットに現れ、瞬く間に検索ランク1位になった。

それまでまったく無名だったオ・インヘは、このドレス姿でその名を知らしめ“釜山映画祭のシンデレラ”とまで呼ばれるように。

実際にドラマや映画で主演に抜擢されている。

その後、彼女に続けとばかりに肌を露出させたドレスでレッドカーペットに登場する女優たちがいたが、未だにオ・インヘほど記憶に残る印象を与えた人はいないようだ。

それほど、彼女のインパクトはすさまじかった。

そんなオ・インヘは最近、自身のInstagramに1枚の写真をアップし、注目を集めている。

お出かけ前に撮影された写真のようで、カメラを見つめるオ・インヘの美貌が際立っている。

彼女の近況写真は、「オ・インヘ、近況を公開した日常写真…“あぶらの乗った美貌”」(『ニュースカルチャー』)など、韓国メディアも絶賛した。

かつて、“こぼれ落ちそうなドレス姿”で有名になったオ・インヘ。

現在もその人気は健在のようだ。

(写真=オ・インヘInstagram)

(文=S-KOREA編集部)