女優にして「筋トレ女子たちのカリスマ」キム・ユリムから見た「韓国女性たちの変化」

Pocket
LINEで送る

【前回】「数値化より見た目測定」女優キム・ユリムはいかにしてカリスマ美ホディになったか

近年ブームになっている“腹筋女子”や“筋トレ女子”は、お隣・韓国でも増えている。

ショッピングサイト「G9」によると、2018年1~11月のウエイトトレーニング器具の販売量は、前年同期比4%増加。そのうち女性消費者の販売量に限ると26%も増えたというのだからすごい。

フィットネス大会から輩出された“マッスル美女”も人気を集めている。

近頃は日本のバラエティ番組にも出演したイ・ヨンファをはじめ、ユ・スンオク、レイヤン、チェ・ソルファなど芸能界進出するケースも多い。

そんな韓国で、超絶美ボディの持ち主として注目を集めている女優がいる。キム・ユリムがその人だ。

キム・ユリムは、昨年10月に行われた韓国最高峰のフィットネス大会『マッスルマニア』でフィットネス部門1位、ミズ・ビキニ部門2位、モデル部門3位と3種目で入賞を果たした。

もともとダンサーとして活動し、現在は舞台やミュージカルで活躍しているが、この受賞をきっかけに、その美ボディも注目の的になっている。「筋トレ女子のカリスマ」とも称されており、最近はニュースにその名が挙がることも増えた。彼女の写真特集を組むメディアもあるほどだ。

そんなキム・ユリムは、韓国で身体を鍛える女性が増えている状況をどう見ているのか。ソウルで行ったインタビューの最終回を紹介したい。

鍛えるママたちに感動

「最近は運動を趣味にする人も増えていると感じます。運動は必ずしなければならないことだと考えているので、とても良い傾向だと思います」