「森保Jが羨ましい」と嘆いていた韓国も再出発。“100億円”の欧州組18歳も初招集しチーム刷新

Pocket
LINEで送る

本日3月22日にコロンビア代表と、26日にボリビア代表とホームで親善試合を行う森保ジャパン。

準優勝に終わったアジアカップ後、初のAマッチであり、香川真司の復帰など13人を入れ替えて臨むことなども注目を集めているが、韓国代表も同日にホームでAマッチを行う。

奇しくも、対戦するのは日本代表と同じ相手だ。22日にボリビア戦、26日にコロンビア戦が行われる。

ただ、韓国代表の状況もアジアカップから変化している。

日本代表が羨ましい

振り返れば韓国代表は、59年ぶりの優勝を期待されたアジアカップで、カタール代表に敗れてベスト8で敗退。

アジアカップから早々と去ることになった衝撃は大きく、当時は韓国メディアも批判の声を高めていた。中には、決勝進出を果たした日本代表を「羨ましい」と報じるメディアあったほどだ。