呪われた精神病院で悲劇が…韓国の最恐ホラー映画『コンジアム』が怖すぎる

Pocket
LINEで送る

ホラー映画ファンならぜひ注目してほしい映画がある。3月23日より東京・シネマート新宿ほか全国順次ロードショーとされた『コンジアム』という韓国映画だ。

タイトルの『コンジアム』とは、韓国・京畿道(キョンギド)に実在していた「昆池岩(コンジアム)ナミャン神経精神病院」のことを意味する。

ここは2012年、CNNによる「世界七大禁断の地」に日本の青木ヶ原樹海、軍艦島とともに選ばれた場所。1992年12月に開院し、1996年に廃墟となったが、あらゆる都市伝説が生まれ、心霊スポットとして人気を博した。韓国にもさまざまな都市伝説があるが、コンジアムもそのひとなのだ。

【ビックリ!!】「口裂け女」が「赤いマスク」に変化!? 韓国の都市伝説がおもしろい

そのコンジアムを舞台に作られた同作もまた、韓国で観客動員数267万人を記録、韓国ホラー映画の歴代ランキング2位に輝いている。

昨年、韓国中を見えない恐怖に包み込んだ『コンジアム』は一体どういう映画で、これを作ったのはどういう人なのか。それらを探るべく、日本を訪れたチョン・ボムシク監督と都内でインタビューを行った。

『コンジアム』監督を直撃インタビュー

――まずは『コンジアム』の日本公開、おめでとうございます。感想はいかがですか?