プロ野球選手よりも気になる? 韓国で“美女チアリーダー”の去就に注目が集まったワケ

Pocket
LINEで送る

日本では3月29日に開幕したプロ野球開幕。熱気あふれる試合が続いているが、お隣・韓国では日本より一足早い3月23日にプロ野球が開幕した。

韓国野球委員会(KBO)の発表によると、開幕戦5試合の観客数は計11万4028人。この数字は、韓国プロ野球の開幕戦としては歴代最高の数字となる。

これまでの記録は2009年の9万6800人だったが、当時は4球場。今年はNCダイノスの新本拠地・昌原(チャンウォン)NCパークが新設されたことで5球場に増えて、最高記録更新となった。

仁川(インチョン)を除く、釜山(プサン)、光州(グァンジュ)、ソウル、昌原でスタンドが満員だったそうだが、そんな観客たちの盛り上がりを手助けするのが各球団のチアリーダーたちだ。

今季開幕前、そのチアリーダーの去就に関して韓国のプロ野球担当記者から意外な話を聞いたので、紹介したい。

“アイドル化”する韓国のチアリーダー

そもそも韓国では、チアリーダーの人気が高い。