また1人…止まらないAKB48メンバーの“韓国進出”。その成功モデルとは?

Pocket
LINEで送る

AKB48出身者たちの韓国進出が相次いでいる。

去る3月4日には、チームBのキャプテンだった高橋朱里が韓国のWoollimエンターテインメントと契約し、韓国で再デビューすることを発表した。

その直後の3月8日には、同じくチームBのメンバーだった竹内美宥が韓国のMYSTICエンターテインメントと契約を交わし、韓国でも「高橋に続いて竹内も…『PRODUCE48』出身アイドルの韓国デビューラッシュ」(『エクスポーツニュース』)などと報じられた。

『PRODUCE48』は、高橋と竹内らAKB48メンバーらも多く参加し、日韓の候補者が視聴者投票で競い合ったオーディション番組だ。

番組からは、最終合格者12人を集めた日韓合同ガールズグループIZ*ONE(アイズワン)がデビューした。IZ*ONEには宮脇咲良らAKB48メンバー3人が所属しており、最年少のチャン・ウォニョンが「世界で最も美しい顔100人」にも選ばれるなど、日本と韓国で人気を広げている。

【注目】「世界で最も美しい顔100人」。日本は5人、韓国は14人。どんな美女たち?

高橋と竹内はIZ*ONEメンバー入りこそ叶わなかったものの(高橋は最終順位16位、竹内は17位)、『PRODUCE48』で知名度と人気を高めたことが韓国進出のきっかけになったことは間違いないだろう。

日本芸能人の中でも異例

そんな彼女たちの韓国進出が現地でも大きな話題になっていることは以前にも紹介したとおりだが、発表から数十日が経った現在も関心度は高い。