【画像あり】“美ボディ”が武器のソ・リナ、何気ない日常写真もド迫力であることを証明

Pocket
LINEで送る

韓国の美人モデル、ソ・リナが注目を集めている。

ソ・リナは2016年の映画『母のいない空の下』(ハン・ミョング監督)でデビューし、モデル兼映画女優として活動している。昨年9月に韓国で公開された映画『ディープ』(チョ・ソンギュ監督)では、主演を務めた。

一方で170cm、49kgの美ボディの持ち主であるだけに、第3回ISMCマッスルボディ・コリア・インターナショナルアワードの女性部門1位に輝くなど、“マッスル美女”としても有名。

韓国の美ボディコンテスト「キム・ジュンホ クラシック」でもグランプリを獲得しており、彼女の美ボディはたびたび話題になる。

また変わったところでいえば、ドローンの愛好家で「いつか“ドローン女神”と呼ばれたい」などと明かしたことも。インスタグラムのフォロワー数は22万人だ。

そんなソ・リナは最近、インスタグラムに「普段のリナの姿。スタイリング、スケジュールなどすべての準備は一人で」というコメントとともに、写真を掲載した。

公開された写真のソ・リナは、オフショルダークロップトップにジャケットというフォーマルなスタイル。

しかし、いやだからこそ、グラマラスな体つきが視線を奪う。特に圧倒的なボリューム感は、男心をわしづかみにした。

写真を見てみよう。