“美女アタッカー対決”も大盛り上がりの韓国Vリーグ!! 女子バレー韓国代表にも光か

Pocket
LINEで送る

Vリーグの2018-2019年シーズンが幕を閉じた。日本のVリーグではない。韓国のVリーグだ。

韓国Vリーグは男子部・女子部があり、今季は2018年10月に開幕。リーグ戦を行ったあと、3月15日からはリーグ戦上位4チームによるポスト・シーズンに突入した。

3戦2先勝方式でプレーオフを勝ち抜いたチームが、5戦3先勝方式のチャンピオンシップを戦うこの時期を韓国では“春バレー”と呼ぶのだが、今年の“韓国・春バレー”を制したのは、男子部は天安(チョンアン)現代(ヒュンダイ)キャピタル・スカイウォーカーズ、女子部は仁川(インチョン)興国(フンブッ)生命ピンクスパイダーズだった。

と書いてもチーム名だけではわかりづらいので日本に馴染みのある選手で説明すると、現代キャピタルは以前インタビューを紹介した韓国男子バレー界のスーパースター、ムン・ソンミンがキャプテンを務めるチームであり、興国生命は世界的なス―パーエース、キム・ヨンギョンがかつて在籍したチームだ。

(関連記事:【画像あり】韓国バレー界の玉木宏!? “ロス”も続出したイケメン選手ムン・ソンミンの意外な素顔

現代キャピタルは2年ぶり4度目のチャンピオンとなり、興国生命はそのキム・ヨンギョンが活躍した2008年-2009年以来10年ぶりとなる王座戴冠となったが、特に興国生命対韓国道路公社ハイパスの対戦となった女子部のチャンピオンシップは盛り上がった。

実力と美貌を兼ね備えたバレー選手

興国生命は高校時代から有名だった凄腕アタッカーのイ・ジェヨンを擁し、韓国道路公社は美女スパイカーのパク・ジョンアがいる。