【画像あり】セクシーすぎるK-POPアイドル「CAMILA」、新曲MVが“18禁”に判定されてしまう

Pocket
LINEで送る

K-POPガールズグループ「CAMILA」が波紋を呼んでいる。新曲ミュージックビデオが、MBCミュージックから“18禁”の判定を受けたのだ。

CAMILAの新曲『ノモガ(Take Me Home)』は、デビュー2枚目のシングル。1枚目よりも破格でセクシーな魅力が詰った曲に仕上がっている。

彼女たちは4月7日の公演で新曲を初公開し、本格的な活動を開始。歌番組などにも出演している。

一部から“自力更生アイドル”と呼ばれているCAMILAは、リーダーのハン・チョイムが設立した1人事務所、C.Cエンターテインメントに所属している。ハン・チョイムは、メンバー、リーダー、事務所代表、運転手まで1人で行っている。

また今年1月15日に開催された韓国最大級の音楽受賞式「第28回ソウル・ミュージックアワード」では、ハン・チョイムが着た“透け衣装”が注目を集めていた。

そんな何かとお騒がせなCAMILAは、ハン・チョイム、チョン・ユビン、チョン・ユナの3人グループだ。

2018年に『RED LIPS』でデビューし、満を持して2曲目を発表したのだが、MVが18禁の判定を受けてしまった。

公開直後から「ギリギリ」とされていただけに、テレビで放送できないのは仕方がないかもしれない。

さっそく問題のMVのキャプチャーを見ていこう。