JYJユチョンの元恋人で韓国財閥の孫娘!? 麻薬使用の容疑で逮捕されたファン・ハナとは

Pocket
LINEで送る

昨年も韓国財閥の10歳の孫娘が運転手に暴言を吐いたことで、大炎上したが、韓国では財閥2~3世に対する風当たりが非常に強い。

(関連記事:ナッツ姫とは大違い!! 韓国人から応援される唯一の財閥3世、チェ・ミンジョンとは

その発端となったのは、2014年に起きた“ナッツ・リターン事件”だろう。

“ナッツ姫”こと大韓航空の元副社長チョ・ヒョナ(趙顕娥)がニューヨーク発・仁川(インチョン)行きの大韓航空機のファーストクラスに搭乗した際、皿に盛られて提供されるはずのナッツを袋のまま出されたとして激怒。動き始めていた航空機をリターンさせて責任者を降ろし、仁川への到着を11分遅らせたという前代未聞の事件だ。

財閥一族の傲慢さを知らしめたこの事件により、韓国では“財閥叩き”が加速。その流れは現在も続いている。

先日、父である韓進グループの趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長が死去したが、現在もナッツ姫は裁判を控えている状況だ。

財閥2~3世に対する世間の目が厳しい韓国で、麻薬疑惑を受けているだけに、ファン・ハナには批判的な注目が集まっていると分析できる。

芸能人並みの知名度、なぜ?

ただ、彼女が大きな関心を集めているのは、財閥の孫娘だということだけが原因ではない。