韓国の兵役に変化が!! 韓流スターやアイドルもスマホが使えるようになる?

Pocket
LINEで送る

文在寅政権が昨年7月に発表した「国防改革2.0」に基づき、韓国の兵役制度が変わりつつある。

最も大きな変化といえるのは、兵役期間の短縮が決まったことだろう。

昨年10月から2週間に1日ずつの割合で兵役期間が短くなっており、2020年6月15日以降はすべての入隊者が本来より3カ月短縮された「18カ月」の服務へ突入する。

これは現役兵のみならず、俳優チャン・グンソクやイ・ジョンソクなどが務めている「社会服務要員」や、かつて東方神起のチャンミンやJYJのキム・ジュンスらが属し2023年に廃止予定の「義務警察」などにも適用されるため、兵役中や入隊予定の韓国スターのファンたちにとっても朗報だ。

(関連記事:俳優チャン・グンソクが兵役へ。双極性障害のため社会服務要員として代替服務

ほかにも兵士たちの給与引き上げや、日課後に外出可能(月2回・1日4時間ほど)、規定を破った兵士を軍隊内の留置所に閉じ込める營倉制度の廃止など、さまざまな変化がある。

兵役でスマホがOKに

なかでも特筆すべきは、スマートフォンの使用が可能になることだ。