「韓国のASAYAN」が日本上陸!! IZ*ONEらを輩出した『PRODUCE』シリーズの魅力とは?

Pocket
LINEで送る

日韓合同ガールズグループ「IZ*ONE」(アイズワン)などを輩出した韓国のオーディション番組『PRODUCE 101』(Mnet)が、日本に上陸するという。

お笑いコンビのナインティナインが司会を務めるということで、“韓国のASAYAN上陸”と見出しを打ったメディアも見受けられた。

今でこそオーディション番組全盛の韓国だが、実は韓国で『PRODUCE 101』が放送された2016年当時は、「AKB48選抜総選挙」のパクリ疑惑が持ち上がるなど、批判の声が多かった。

(関連記事:韓国のアイドルオーディション番組が音楽業界から猛批判を浴びている理由

ところがいざ番組が始まってみると、約101人のアイドル練習生たちが成長と奮闘を繰り広げる姿が大きな反響を呼んだだけでなく、番組が輩出したガールズグループ「I.O.I」も“国民的アイドルグループ”として大人気を博し、センターを務めたチョン・ソミは今も活躍中だ。

I.O.I、Wanna One、IZ*ONEを輩出

翌年にはボーイズ編である『PRODUCE 101』第2シーズンが放送され、合格者11人で結成された「Wanna One」がK-POP界に旋風を巻き起こした。