JYJユチョンだけじゃない!! 韓国芸能界の“薬物スキャンダル”はどこまで広がってしまうのか

Pocket
LINEで送る

韓国芸能界の“麻薬スキャンダル”が日本でも話題を集めている。

先日は人気グループJYJのメンバー、パク・ユチョンが警察に出頭。麻薬を使用した疑惑が浮上しており、自ら警察に出向いたユチョンは「誠実に調査に臨む」と話した。その表情には「いくらか余裕」(『スポーツソウル』)もあったと報じられている。

そもそもユチョンが渦中の人物となっているのは、元婚約者のファン・ハナが麻薬使用の容疑で逮捕されたからだ。彼女は警察に「芸能人Aと一緒に麻薬を投薬した」と供述しており、それによってユチョンに疑惑が浮上した。

(関連記事:【画像あり】ユチョンは破局を認めたが恋人ファン・ハナは…右腕の“LOVEタトゥー”はどうなる?

ユチョンは自らの潔白を記者会見で主張し、警察による麻薬簡易試薬検査でも「陰性」となっている。

ただ4月17日の警察調査で「普段コンサートなどのスケジュールをこなす際は除毛する」などと供述しており、それが証拠隠滅のためではないかとの指摘も出ている。

そのため真相はもう少し様子を見る必要はあるだろうが、ひとまず彼が今、大きな注目を集めていることだけは間違いない。

(写真提供=SPORTS KOREA)警察に任意出頭したユチョン

続々と浮上する韓国芸能人の麻薬スキャンダル

ユチョンに限らず、韓国では現在、芸能人の麻薬問題が次々とイシューになっているのが実状だ。