“日韓コンテンツビジネス”の最前線!! 韓国ドラマもウェブ漫画も「ストーリー」の時代へ

Pocket
LINEで送る

コンテンツの強さは「ストーリー」にある。

それを改めて実感させられたのは、韓国コンテンツ振興院が主催して、東京・新宿にある韓国文化院のハンマダンホールで行われた「2019韓日コンテンツビジネスフォーラム」だった。

韓国コンテンツ振興院(KOCCA)とは、映像、音楽、ゲーム、漫画など韓国のコンテンツ産業の育成と支援を目的にした公共機関で、韓国はもちろん、アメリカ、中国、インドネシアなどにも拠点を持ち、そのひとつである日本ビジネスセンターが主催したのがとりー『日韓ビジネスフォーラム』だったが、その登壇者の顔ぶれが凄かった。

例えば最初に登場した、スタジオドラゴンのソン・ジンソン氏だ。

スタジオドラゴンは『トッケビ』や『秘密の森』などヒット作を数多く手がけてき韓国のドラマ制作会社だ。昨年は『ミスター・サンシャイン』も手掛け、今や韓国はもちろん、アジアやアメリカでもその名が轟いている。

日本でドラマ化されたウェブ漫画の作家も

そのスタジオドラゴンで企画チーム長を務めているソン・ジンソン氏が韓国ドラマ制作の最新トレンドや今後の事業計画を説明したあとに登壇したのは、韓国ウェブ漫画界の巨匠ユ・テホ作家だった。