学生たちが「恐ろしい」と身震いする韓国の新入生歓迎コンパの落とし穴とは?

Pocket
LINEで送る

全国各地の大学で新学期が始まり、部活動や同好会サークルの新入生歓迎コンパがあちこちで行われている今日この頃だ。夜の街に出かけると、大学生と思しき若者たちが居酒屋などで楽しく盛り上がっている姿を見る機会も多くなった。

実は韓国でも新歓コンパは新学期の風物詩となっていて、大学生を主人公にした学園モノのドラマなどでは欠かさず登場するイベントでもある。

【注目】自国を“ヘル朝鮮”と揶揄する韓国の若者たち…彼らはなぜ絶望しているのか

韓国の大学では新入生歓迎会のことを「OT」(オリエンテーションの略)と呼ぶ。

日本でも新学期早々にオリエンテーションを行う学校が多いが、韓国のそれは新学期前、つまり入学式を1~2週間後に控えたタイミングで、学科ごとに行われるのが一般的だ。

今年は美少女子役として有名だったキム・ヒャンギとキム・セロンがそれぞれ大学生になって、ドラマではないリアルなキャンパス・ライフを送っているが、彼女たちもきっと、「OT」に参加したことだろう。

ただ、韓国の「OT」は1泊2日以上の日程で行われるのが普通だ。