ガンバ大阪・韓国人トリオ特別座談会「僕たちのJリーグ生活」(前編)

Pocket
LINEで送る

J1リーグのガンバ大阪には現在、3人の韓国人選手が所属する。

ロンドン五輪で銅メダルを獲得したあと、2013年にやってきて大阪生活7年目を迎えたオ・ジェソク(呉宰錫)、2017年6月に来日し昨季は16得点を挙げてJリーグ・ベストイレブンにも輝いたファン・ウィジョ(黄義助)、そしてかつてJリーグでプレーし中国・超級(スーパー)リーグでの6年半の経験を経て、今季からガンバ大阪の一員となったキム・ヨングォン(金英権)の3人だ。

オ・ジェソクとキム・ヨングォンはともに1990年生まれの同級生でロンドン五輪・銅メダルメンバーであり、ファン・ウィジョとキム・ヨングォンは現役韓国代表でもある。

「強いガンバ大阪復活のために」(オ・ジェソク談)に力を合わせて大阪で生きる韓国人Jリーガートリオが語る「日本」「Jリーグ」そして「韓国代表」とは。

―今季から新たににキム・ヨングォン選手が加わり、ガンバ大阪に韓国人Jリーガートリオが誕生しました。ジェソク選手、移籍の知らせを来たときは?

オ・ジェソク:「ヨングォンが大阪に来るかもしれないという報道と接したときから、来ればいいなぁと思っていました。歳も同じだし、一緒に2012年ロンドン五輪を戦った仲間ですからね。

当時はヨングォンがJリーグでプレーしていて、僕はKリーグでプレーしていたのですが、僕の元にガンバ大阪からオファーがあったとき、“Jリーグってどう?”とヨングォンに助言を求めたこともありましたね。そんなヨングォンがガンバに来ると聞いて、運命じみたものも感じましたね」

ファン・ウィジョ:「僕は素直に嬉しかったですよ。アジアカップ期間中にヒョン(日本語で「兄」という意味)から直接聞いたのですが、“ガンバはいいチームですよ”と猛烈にプッシュしました(笑)」

キム・ヨングォン:「僕としては同級生のジェソクもいるし、代表でよく知るウィジョもいたので、ガンバ大阪のオファーを断る理由もありませんでした。安心して大阪に来ましたよ」

―ヨングォン選手は実に6年半ぶりのJリーグ復帰です。転校生のような感覚ですか。それともかつての母校に戻ってきたような感覚ですか。