ガンバ大阪・韓国人トリオ特別座談会「僕らがJリーグで“スゴい!!”と思った選手たち」(中編)

Pocket
LINEで送る

【前回】ガンバ大阪・韓国人トリオ特別座談会「僕たちのJリーグ生活」(前編)

J1リーグのガンバ大阪には現在、3人の韓国人選手が所属する。

ロンドン五輪で銅メダルを獲得したあと、2013年にやってきて大阪生活7年目を迎えたオ・ジェソク(呉宰碩)、2017年6月に来日し昨季は16得点をあげてJリーグ・ベストイレブンにも輝いたファン・ウィジョ(黄義助)、そしてかつてJリーグでプレーし中国・超級(スーパー)リーグでの6年半の経験を経て、今季からガンバ大阪の一員となったキム・ヨングォン(金英権)の3人だ。

オ・ジェソクとキム・ヨングォンはともに1990年生まれの同級生でロンドン五輪・銅メダルメンバーであり、ファン・ウィジョとキム・ヨングォンは現役韓国代表でもある。

「強いガンバ大阪復活のために」(オ・ジェソク談)に力を合わせて大阪で生きる韓国人Jリーガートリオが語る、「日本」「Jリーグ」そして「韓国代表」とは?

―出だしから仲の良さが伝わってきますが、3人が揃ってプレーするのはガンバ大阪が初めてですよね。