フランス人まで参戦!? 韓国プロ野球を盛り上げる「チアリーダー」がすごい!!

Pocket
LINEで送る

開幕から丸1カ月が過ぎ、ますます盛り上がりを見せているプロ野球。それはお隣・韓国でも同じだ。

さまざまな好ゲームが繰り広げられるなかで、韓国球界では今、“フランス革命”が起きている。ただその主役は選手でも、監督でもない。“球場の華”と呼ばれるチアリーダーだ。

話題の中心にいるのは、ハンファ・イーグルスのフランス人チアリーダー、ドリス・ローランド。韓国プロ野球界でなかなかお目にかかれない“美しすぎる外国人チアリーダー”の登場が、大きな注目を集めているのだ。

フランスで生まれ育った彼女は、父の影響で韓国を訪れ、交換学生として過ごした。ファッションデザインなどを専攻していたが、知人の提案でチアリーダーの道に進んだという。

関係者は、ドリスの入団によってハンファ応援団の認知度と人気が一気にアップしたと口を揃えている。

“チアリーダー天国”の韓国

そもそも韓国のチアリーダーとその応援文化は、韓国プロ野球の醍醐味のひとつともいわれる。