その差は30億円以上!? 韓国で男子ゴルフよりも女子ゴルフが盛り上がるワケ

Pocket
LINEで送る

プロゴルフの市場に関する、興味深いデータが明らかになった。

韓国のユウォン・ゴルフ財団とソウル大学のスポーツ産業研究所が共同でまとめて5月15日に発表した『2018韓国ゴルフ産業白書』に記されたデータによると、韓国女子プロゴルフ協会(KLPGA)のスポンサー市場規模は、男子プロゴルフツアーの韓国プロゴルフ協会(KPGA)のそれよりも、300億ウォン(約30億円)多いというのだ。

ここでいうスポンサー市場規模とは、2017年度の大会のタイトルスポンサー料やサブスポンサー料、広告収入、選手個々のスポンサー収入を合算したものらしいが、551億9700万ウォン(約55億1970万円)のKPGAに対し、KLPGAは850億6000万ウォン(約85億600万円)もあったという。

2017年度のKLPGAツアーといえば、シーズン前はイ・ボミ、キム・ハヌルらと並んで“韓国美女ゴルファー神セブン”に数えられていたユン・チェヨンやアン・シネの日本ツアー本格参戦が決まっていたが、終わってみれば大盛り上がり。

(人気記事:イ・ボミとキム・ハヌルだけじゃない!! 韓国美女ゴルファー“神セブン”は誰だ!?

テレビ中継権料は4倍!?

別名“ホット・シックス”と呼ばれるイ・ジョンウン6がプロ2年目ながら平均ストローク、最多勝(4勝)、賞金女王、大賞(年間最優秀選手)の4冠を達成して、文字通りKLPGAの顔、ニューヒロインに躍り出た。