校内暴力、2年で解散、メンバー脱退…K-POPガールズアイドルたちの“受難”とは

Pocket
LINEで送る

元BIGBANGのメンバー、V.Iに対する警察の捜査が仕上げの段階に入り、麻薬使用の疑惑を認めたJYJユチョンの初公判は6月14日に決まった。

韓国はもちろん、日本でも絶大な人気を誇ったグループのメンバーたちが相次いで起こした事件・スキャンダルはひとまず落ち着きを見せているが、今度は女性アイドルたちの受難が相次いでいる。

例えば元SISTARのメンバー、ヒョリンは校内暴力の加害者疑惑に包まれた。

被害者を名乗る女性A氏のネット投稿によると、「中学3年間ヒョリンに服や現金などを取られ、暴行を受けた」という。