カンヌ映画祭で最高賞に輝いた韓国の『パラサイト』。ポン・ジュノ監督の“美談”とは?

Pocket
LINEで送る

韓国で今最も話題を呼んでいる映画は、ポン・ジュノ監督の最新作『パラサイト』(原題:寄生虫)だ。

5月26日に閉幕した第72回カンヌ国際映画祭の長編コンペティション部門で、最高賞のパルムドールに輝いた同作は、早速5月30日に韓国で公開され、映画界を賑わせている。

韓国映画がカンヌ国際映画祭で受賞するのは今回が初めてではない。日本でもリメイクされたドラマ『グッドワイフ』の韓国版に主演した人気女優チョン・ドヨンが、2007年に映画『シークレット・サンシャイン』で女優主演賞に輝いたこともある。

初のパルムドール受賞作

ただ、韓国映画がパルムドールを受賞したのは今回が初めて。