U-20W杯“日韓戦”、「イ・ガンイン効果」で日本も軽々と超えることができるか

Pocket
LINEで送る

ポーランドで行われているFIFA U-20ワールドカップの決勝トーナメントで激突することになった日本と韓国。ただでさえ注目を集める“宿命のライバル対決”がFIFA主催の国際大会で実現したこともあって、韓国でも関心が高い。

日本ではBSフジでの生中継だけのようだが、韓国では「KBS N SPORTS」「MBC SPORTS+」といったケーブルテレビのスポーツチャンネルはもちろん、KBS2、MBC、SBSといった地上波でも生中継が予定されている。

試合の展開予想や結果を占う報道も多々あり、U-20世代における対戦成績(韓国の28勝6敗9分)や2012年ロンドン五輪3位決定戦、2014年仁川アジア大会、2018年ジャカルタ・アジア大会決勝といった過去の国際大会での分の良さ(2016年U-23アジア選手権・決勝では韓国が敗れているのだが…)はもちろん、U-20日本代表のチーム状況を踏まえて韓国有利を予想するメディアが多い。

「レベルが違う」18歳、イ・ガンイン

そんな韓国内の期待と注目を一身に浴びているのが、イ・ガンインだ。