韓国財閥令嬢“ミルク姫”が韓国芸能界の「特大スキャンダル」にすべて関与しているのはなぜ?

Pocket
LINEで送る

去る6月5日、韓国社会で大きな波紋を呼んだ“麻薬疑惑”を起したファン・ハナ容疑者の初公判が水原地方裁判所で行われた。

日本で“ミルク姫”などと紹介されることのある彼女は、芸能人ではない。韓国の財閥である南陽(ナミャン)乳業の創業者の孫娘で、いわゆる財閥3世だ。

【関連】JYJユチョンの元恋人で韓国財閥の孫娘!? 麻薬使用の容疑で逮捕されたファン・ハナとは

ファン・ハナ容疑者はもともとSNSに多くのフォロワーを持つ“インフルエンサー”で、俳優兼歌手パク・ユチョンの元恋人として、大きな影響力を持った。

財閥3世として生まれ、韓国芸能界でも華麗な人脈を誇っていた彼女が、元恋人パク・ユチョンと麻薬を使用していたということで、韓国では大問題に発展した。

ファン・ハナ容疑者はすでに逮捕されて時間も経っており、本日初公判が開かれるわけだが、彼女の存在感は未だに色あせていない。むしろ日に日に高まっているといったほうが正確かもしれない。

麻薬芸能人を記載した“ファン・ハナリスト”?

というのも拘束された後も、さまざまな事件に彼女が関わっていたのではないかという疑惑が次々と浮上しているのだ。