日韓対決に燃える韓国女子バレー代表はどんなチーム状態? 通算142回目の日韓戦を占う

Pocket
LINEで送る

女子部は5月21日から、男子部は5月31日から始まっているバレーボールのネイションズリーグ。男女ともに各16カ国の代表が世界各地を転戦しながら行われたきた予選ラウンドも、いよいよ最終局面を迎えた。

女子部は昨日6月18日から予選ラウンド最終週が始まっており、中田久美監督率いる火の鳥NIPPONは、韓国は忠清南道(チュンチョン・ナムド)の保寧(ボリョン)市に乗り込んでいる。

昨日のポーランド戦に敗れて7勝6敗で7位にある日本は、韓国での第5週も乗り切ってファイナル・ラウンド進出を決めたいところだが、本日6月19日に対戦する韓国も負けられない。「VNL女子バレー、韓日戦に大きな関心」(『OSEN』)と、メディアも注目しているほどだ。

では、その女子バレー韓国代表は今、どんなチーム状態なのか。