「ヒット作品を生む“3つの鉄則”」ウェブ漫画のベストセラー作家ユン・テホが明かす

Pocket
LINEで送る

【前回】日本でもドラマ化!! 『未生 ミセン』『インサイダーズ』の原作者が語る「ウェブ漫画の可能性」

手がけた数々の作品が映画化・ドラマ化され、韓国でも屈指の人気作家として知られるユン・テホ。

韓国の人気漫画『食客』を描いたホ・ヨンマンの門下生として漫画を学び、1993年に月刊漫画雑誌でデビューを飾った彼は、2008年頃に紙媒体からウェブ媒体に転身。映画『黒く濁る村』の原作となる『イキ』で一躍注目を浴びた。

その後『内部者たち』『未生 ミセン』『仁川上陸作戦』など、発表したすべての作品が大ヒット。まるで水を得た魚のようにウェブ漫画界の第一線で活躍し続けている。

紙媒体ではなくウェブに身を置く立場にある彼が感じるウェブ漫画の魅力は何か。