優勝者は20歳の美女!! それでも 「ミス・コリア選抜大会」が非難されてしまう理由

Pocket
LINEで送る

日本でも知られる韓国の美女コンテストといえば、「ミス・コリア」だろう。

今年は、慶煕(キョンヒ)大学の「平和の殿堂」で「2019ミス・コリア選抜大会」が7月11日に行われた。優勝を意味する「ミス・コリア眞(ジン)」には、20歳のキム・セヨンさんが輝いた。

今回のミス・コリア選抜大会には、韓国各地や海外各地から選抜された32人が参加。優勝したキム・セヨンさんは、アメリカからの出場で、普段はアメリカのアートセンター・カレッジ・オブ・デザインで、グラフィックデザインを専攻しているそうだ。

突如としてスポットライトを浴びた彼女は現在、韓国メディアがさまざまに紹介しているが、そんな光景も毎年恒例のこと。それほどミス・コリアの影響は小さくないのだ。

近年は権威が失墜?

そもそもミス・コリア選抜大会は、韓国の大手新聞社『韓国日報』の主催で1957年にスタートした。