阪神の鳥谷や西岡とも比較された韓国人遊撃手カン・ジョンホの転落

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTSKOREA)
(写真提供=SPORTSKOREA)

23歳の女性に性的暴行を働いた容疑で告発された韓国人メジャーリーガー、カン・ジョンホ。今でこそ“渦中の人物”になってしまったが、韓国では球界を代表するスラッガーとして人気者だった。

名門・光州(クァンジュ)第一高校時代は投手兼捕手で活躍し、捕手としてドラフト指名され2006年に高卒でプロ入り。プロ入り後は強肩と守備のうまさを買われて遊撃手に転向した。

以降、2012年からは3年連続してゴールデングローブ賞に輝いている。高校時代から定評があった打撃も素晴らしく、2014年は3割5分6厘・40本塁打・117打点を記録。2014年には2度目のアジア大会で2度目の金メダルを手にしただけではなく、所属するネクセン・ヒーローズを史上初の韓国シリーズに導き、プレーオフMVPにも輝いている。

そんな彼がポスティングでのメジャーリーグ挑戦を表明したのが2014年冬。ピッツバーグ・パイレーツが500万2015ドルで応札して交渉権を獲得し、4年総額1100万ドルで契約しているが、その高額条件に韓国メディアも大興奮だった。

というのも、ポスティング入札金を合わせて総額1700万ドルでメジャー進出することになったが、その金額は日本人メジャーリーガーたちのそれと比較しても、遜色ないからだ。