女子バレー美人姉妹選手も来日中止…“日本不買運動”は韓国スポーツ界にも影を落とすのか

Pocket
LINEで送る

韓国スポーツを取材する身としては看過できないニュースが飛び込んできた。

7月26日、高麗人参人参を製造・販売する韓国人参公社(略してKGC)が運営するスポーツチームが、この夏に予定していた日本での合宿を中止すると発表したのだ。

KGCは男子プロバスケットボールKBLに属する安養(アニャン)KGC人参公社と、女子バレーボールの最高峰であるVリーグに属する大田(テジョン)KGC人参公社という2つのチームを持つ。

特に女子バレーの大田KGC人参公社には、韓国女子バレーボール界屈指の美人姉妹ハン・ソンイ(姉はハン・ユミ)や、ファッションモデルとして活動していたこともあるアメリカ出身のアレイナ・バーグスマなど人気選手も擁するチームだ。

(人気記事:【画像】アイドル並みのかわいさ!? 韓国美女バレー選手“ベスト6”が美しすぎる!!

大田KGC人参公社は8月下旬から関西圏で強化合宿を行う予定だったが、中止することにしたという。チーム側の公式発表によると、「最近の韓日関係の悪化による国民感情を考慮して中止を決めた」らしい。

「国民感情を考慮して中止を決めた」

周知の通り、昨今は日本と韓国の関係が冷え込むどころか最悪の状態だ。