【漢の韓流時代劇】傲慢な悪女として憎まれた張緑水(チャン・ノクス)の生涯

Pocket
LINEで送る

暴君と呼ばれた10代王・燕山君(ヨンサングン)の側室の1人だった張緑水(チャン・ノクス)。

彼女は「朝鮮王朝3大悪女」の1人で、燕山君の傍若無人な振る舞いを助長した人物だ。そんな彼女の生涯を見ていこう。

【注目】韓国時代劇を面白くする朝鮮王朝三大悪女にはオモテとウラがある!

妓生(キーセン)としての生活

張緑水は、幼少期にとても貧しい生活を送っていたが、9代王・成宗(ソンジョン)の従兄弟に当たる斉安大君(チェアンデグン)の臣下の妻となった。