韓国でリメイクされた日本のドラマを一挙紹介。最近はあのドラマまで!?

Pocket
LINEで送る

『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』(2007年、フジテレビ系)
2012年、SBSで放送。主演に元f(x)のソルリ、SHINeeのミンホが熱演。ソルリのショートカット姿が話題を集めていた。平均視聴率7.3%。

2013年

『愛なんていらねえよ、夏』(2002年、TBS系)
WE39912730_ori
韓国版のタイトルは『あの冬、風が吹く』。2013年にSBSで放送された。現在大人気の女優ソン・ヘギョと、チョ・インション主演。二人の演技力や映像の美しさに大好評を博した作品。一部ファンの間では、「日本版を超えた」との声も。最高18.2%、平均15.8%という高い視聴率が、その人気ぶりを物語っている。

『家政婦のミタ』(2011年、日本テレビ系)
bg1
韓国版タイトルは『怪しい家政婦』。2013年にSBSで放送された。主人公・三田灯(韓国名:パク・ポンニョ)役に韓流スター、チェ・ジウが起用されたことで、日本でも話題を集めた。平均視聴率は11.1%で、悪くない数字を記録。ただ、それまでのチェ・ジウのイメージとは真逆のキャラクターだったため、違和感を持ったという人も多かった。