韓国でも有名な羽生結弦、別名「ウセンキョルヒョン」とはどんな意味?

Pocket
LINEで送る

「ウセンキョルヒョン」とは、「羽生結弦」の4文字を韓国語で読んだ場合の言葉だが、ネット上では「喘息持ちだというが同情を買うためのイメージメイキングではないか」「実は性格が悪いらしい」などと根拠のない噂や様々な悪口が並ぶ。

キム・ヨナとのナンセンスな比較があったり、「ブライアン・オーサーがキム・ヨナと決別したのは羽生のせいだ」とお門違いな書き込みまであった。

もっとも、韓国の男子フィギュア界は羽生クラスどころか、シニアで活躍する選手も少ない。2014年12月のジュニア・グランプリファイナルで総合6位になったイ・ジュンヒョンが期待株とされていたが、シニア・デビューとなった昨年2月の4大陸選手権では総合18位に終わった。羽生の足元にも及ばなかったわけだ。
 
それだけに韓国ファンからすると、羽生が凄く、日本男子フィギュア界が眩しく映るのも無理はないのかもしれない。

(関連記事:韓国フィギュア・ファンが見た羽生結弦と宇野昌磨
(関連記事:韓国から見た羽生結弦とキム・ヨナの3つの共通点

(文=S-KOREA編集部)