ネットからついには現実世界にまで…韓国社会に蔓延する“女性嫌悪”の正体

Pocket
LINEで送る

今年2016年の干支は「丙申(ひのえさる)」だが、韓国ではこれを「ピョンシン(丙申)ニョン(年)」と呼ぶ。

韓国語の同音異義語を当てはめ、こじつけだが漢字に置き換えると「病身女」といった具合になるわけだが、年始には男性同士の飲み会の席などで「ピョンシンニョン」が笑いのネタになっていたという。

SNS上では「ピョンシンニョン冗談NOキャンペーン」といったものが行われたほどだ。

女性嫌悪のスラングも多彩

それほど韓国では、極論が多いネットを中心に“女性嫌悪”がイシューとなった。