日韓スポーツ交流を支えた知られざる在日コリアン・アスリート列伝

Pocket
LINEで送る

だが、いずれも本名で活躍することはできず、かつてはその出自を語ることさえもタブーとれる風潮があったため、「通名」と呼ばれる日本名で使用して活躍する者も多かった。

最近だとプロレス・格闘技では長州力、前田日明、徳山昌守、秋山成勲などがそうだ。

特に野球は多く、金村義明(元近鉄)、桧山進二郎(元阪神)、新井貴浩(広島)、金城龍彦(横浜)、森本稀哲(元西武)、上田剛史(東京ヤクルト)などが在日であることを公言しているが、野球界では日本名だからわからないだけでかなりの在日選手がいるとされているほどだ。

「あるチームの四番打者に“在日だろ”と聞くと、血相を変えて否定してきた」

「日本の野球界には帰化している選手も含めて在日は多い」とは、阪神タイガースでプレーし、2004年7月に在日であることを公表した桧山進二郎の言葉だ。

現役引退後に『在日魂』という本を発表している金村義明も言っている。