美女剣客にママさん騎士!! 意外と力をつけている韓国フェンシングの実力

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTS KOREA)リオ五輪に挑むフェンシング韓国代表の選手たち
(写真提供=SPORTS KOREA)リオ五輪に挑むフェンシング韓国代表の選手たち

オリンピックやアジア大会などの総合国際競技大会でメダル獲得が多い種目を“孝子(ヒョジャ)種目”と呼ぶ韓国。伝統的に強い射撃、アーチェリー、女子ハンドボールなどが代表的な“孝子種目”だが、近年はフェンシングも“孝子種目”と呼ばれつつあることをご存知だろうか。

そのキッカケとなったのが、前回2012年ロンドン五輪だ。韓国は男子が個人で銅2(エペ、フルーレ)、団体で金1(サーブル)。女子は個人で金1(サーブル)、団体で銀1(エペ)、銅1(フルーレ)と、金メダル2、銀メダル1、銅メダル3と、メダルを量産しているのだ。

美女揃いの韓国フェンシング代表

それだけに今回のリオ五輪でも、韓国がフェンシングに寄せる期待は大きい。前回ロンドン五輪で団体金に輝いたク・ボンギルが、今回のリオ五輪韓国選手団の旗手に指名されたのもそんな期待の表れだろう。5月にフランスで行われた国際グランプリ選手権で金メダルに輝いたキム・ジョンファンもメダルの期待がかかるが、より注目を集めているのは女子のほうかもしれない。

というのも、韓国女子フェンシング界は美女アスリートが多く、それぞれ特長と物語を持っている。