韓国の英雄パク・ジュボンはバドミントン日本代表にどんな変化をもたらしたのか

Pocket
LINEで送る

バトミントン日本代表ヘッドコーチを務めるパク・ジュボン(写真=PJB sports)
バトミントン日本代表ヘッドコーチを務めるパク・ジュボン(写真=PJB sports)

バドミントン界で朴柱奉(パク・ジュボン)の名を知らない者はいない。現役時代はシングルス公式戦103連勝、国際大会の優勝67回という前人未到の記録を打ち立て、1992年バルセロナ五輪では金メダルを獲得するなど、韓国ではバドミントン界史上最高の選手として尊敬を集めている。

勝負を放棄してしまう日本選手のメンタルに驚いた

そんなパク・ジュボンは2004年11月からバドミントン日本代表のヘッドコーチを務めている。近年、日本バドミントンは着実に力をつけているが、その成長を語るとき、パク・ジュボンの存在も大きい。

韓国からやってきたバドミントンの英雄は、日本にどんな変化をもたらしたのか。韓国人のバドミントン日本代表ヘッドコーチは静かに語り始めた。