“土下座スイマー”の汚名晴らせなかったパク・テファンの落日と韓国水泳界の驚愕すべき実態

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTS KOREA)
(写真提供=SPORTS KOREA)

リオデジャネイロ五輪の開幕前から何かと注目を集めていた男子競泳のパク・テファン。だが、その結果は散々なものだった。

エントリーしていた自由形100m、200m、400mのすべてで予選落ち。1500mもエントリーしていたが、「練習していない」ことを理由に棄権し、早々と帰国してしまったのだ。北京五輪でアジア初の自由形400m金メダルに輝き、2012年ロンドン五輪でも200mと400mで2つの銀メダルに輝いた“マリンボーイ(パク・テファンの愛称)”が、かつての輝きを放つことはなかった。マリンボーイ沈没と言っても過言ではない。

「土下座」「号泣」のレッテルも身から出た錆か!?

もっとも、その結果はあらかじめ予想できたことだったのかもしれない。