バドミントン日本代表を変えた“シャトルコックの皇帝”朴柱奉をご存知だろうか

Pocket
LINEで送る

リオデジャネイロ五輪で大躍進を遂げたバドミントン日本代表。女子シングルスでは奥原希望が銅メダル、女子ダブルスでは高橋礼華&松友美佐紀ペアが日本バドミントン史上初の金メダルを手にした。

そんなバドミントン日本代表のヘッドコーチを務めているのが、韓国人であることをご存知だろうか。
 

就任時のバドミントン日本代表は勝負に淡白だった

その名は朴柱奉(パク・ジュボン)。1964年生まれの52歳で、韓国ではかなりの有名人である。現役時代はシングルス公式戦103連勝、国際大会の優勝67回という前人未到の記録を打ち立て、1992年バルセロナ五輪では男子ダブルスで金メダルを獲得。韓国では“シャトルコックの皇帝”、“バドミントンの神”とも言われている。