彼らの存在は薬となるか、毒となるか。韓国で急増する帰化選手に賛否両論

Pocket
LINEで送る

(写真=2018平昌オリンピック公式HP)
(写真=2018平昌オリンピック公式HP)

韓国は地元で開催する2018年の平昌五輪に向けて、「特別帰化」という政策を繰り広げている。

2011年1月1日から実施している「特別帰化」とは、「科学・経済、文化、体育などの特定分野でとても優秀な能力を保有し、韓国の国益に寄与すると認められる者」に限って与えられる“特権”だ。

ウィンタースポーツの不毛地帯も同然な韓国。それゆえに、「国際的な恥をかかぬため」にも、帰化選手は不可欠な存在なのだろう。

韓国にいる帰化選手は現在、13人。その数はこれからも増える見込みだ。

とはいえ、韓国内では帰化選手に対する賛否両論が起きている。